無垢のフローリングの、ホントの良さ。

aki&tomoさんちの、フローリングが決定いたしました!
コレ。
アスペン1Fは、「アスペン」。
ホワイトポプラや、コットンウッドと似た性質をもつ、北アメリカやヨーロッパが産地の樹種です。とっても柔らかくて、上品な白。
実は「らせん階段のおうち」、南側のおうちが、少々高いところにあるため、1Fの日照があまり期待できません。玄関入って、大きな玄関スペース、そしてドーンとらせん階段。床材に明るい色を持ってくることで、明るく、爽やかなイメージにしましょうっ、ということで、採用しました。

 
ウォルナット2Fは、「ウォルナット」。クルミです。高級家具や造作材にも使われる、とても重厚感のある木材です。
リビングが2階のおうち。機械につよい、頼もしいご主人が、5.1chシステムを組まれるそうで(ウラヤマシィ~)、夜な夜なDVD鑑賞に浸れる、落ち着いた雰囲気に。このウォルナット、「固い」けど、「触った感触は温かい」。それは、ウォルナットの導管は太いらしく、そこに空気をたくさん持ってるので、「温かい」みたい。
このフローリング、それぞれの樹種ごとに、「A級品」「B級品」「C級品」があります。(よく着物なんかで、「B反市」とかありますよね。)同じ樹種でも、それぞれに、節があったり、色のムラがあったり、と、人間の顔が違うように、フローリング一枚一枚、違うのです。そのバラつきを最もなくしたのが、「A級品」で、一番高級とされています。お値段も、C級品の数倍するものもあります。
ただ!木材については、この劣等生の「B級品」「C級品」が、むしろ素敵!「木」のもつ、自然ではあたりまえのもの(節や色むら)が、いろんなところにでていて、とっても表情豊かな空間になります。
(「らせん階段のおうち」も、ぜーんぶ無垢のフローリングですが、このB級品・C級品を使うことで、「予想外」の低価格となりました。ウヒ。)
そして、この「木」の良さを、生かすも生かさないも、フローリングの「仕上げ」に懸かっている!と思います。
「木」は呼吸しています。夏の湿度の高いときには、木が室内の水分を吸ってくれます。そして冬の乾燥しているときは、自分の水分を室内に放出してくれます。その「木」のもつ調湿作用。そのためどうしても、フローリングとフローリングに隙間ができたりして、「木が暴れて」しまいます。
また、生活していると、醤油やらコーヒーやらこぼしたり、しちゃいます。素地のままだと、どうしても跡がついてしまうので、その保護の意味もあって「塗装仕上げ」をします。
そのため、一般的に、「ウレタン塗装仕上げ」がされています。
これ、ラップで木を包んでいるような感じ。
せっかく木の持つ調湿効果も、封じ込めちゃいます。
それに。
仕上がりが。テッカテカのものも…。
夏場、素足で歩くと、「ペタッ ペタッ」。正直、キモイです。。。
オススメなのが、「自然オイルワックス。」
今ではいろんなメーカーから出ています。
ヒマワリ油や、蜜蝋、亜麻仁油といった、自然のものから出る油で、コーティングします。
ピッタリ塗膜を作るわけではないので、木はケッコウ暴れます。
けれど。
木の感触は、まるで生成りのまんまだし、調湿効果だって邪魔しません。こぼした醤油も、すばやくサッと3秒ルールで拭いちゃえば大丈夫。
ただ単に「無垢のフローリング」。じゃなくて、木そのものの表情や、感触、性能をいかした使い方をしていきたいですね。

無垢のフローリングの、ホントの良さ。”へ5件のコメント

  1. hiyo より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱ無垢はいいっすよ~~♪
    お休みの日は、雑巾をよーーくしぼってキュッキュ!と拭いております。
    いつか、昔の校舎のようにツルツル光る床になればいいな~~~と思って。
    ま、でも傷はすごい!この傷も味になればいいな・・・と願ってますわ!

  2. 監督チャン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    1年、5年、10年と、家族の思い出・成長とともに、いい表情になっていくはず!楽しみですね~。(その頃、私はいくつになってるのやら・・・。おそろしぃ。)

  3. tomo より:

    SECRET: 0
    PASS:
    モクフェチ!熱く語ってるぅ~(^o^)
    ほんと、ステキな木を見つけてきてくれて、感謝です!!打ち合わせ中ずっとなでまわしていたように、無垢の木のあの感触は、クセになります~

  4. aki より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tomoのコメントがダブってしまいました。
    一つ削除してやって下さいませm(__)m
    おれは、最初に見せてもらった時から気に入ってたアスペンが採用されて大満足!
    もちろんウォルナットの渋い感じもお気に入りです!
    後は、B級C級品たちがどんな表情を見せてくれるかが楽しみです!素敵だろうな~(遠い目

  5. 監督チャン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tomoさん&akiさん>ガッテン承知しました!
    アスペンもウォルナットも、それぞれにとっても素敵ですよね!木材の業者さんも、是非アスペンの施工した現場を見せてくださいっとおっしゃっていました。
    私もとっても楽しみです!!!
    早く大工工事に入らないかなぁ~~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

祝☆地鎮祭

次の記事

補習。