家造りが好きだからといって、家事が好きとは限りません(笑)

大きな声では言えませんが、
基本的に、家事は好きではありません(笑)。
毎日手の込んだお料理、いつでも人を招くことができるチリひとつない部屋、、、
そんな120%の家事なんで、ムリムリムリ。

でも。
おうちの「佇まい(たたずまい)」って、
そこで暮らしている人の精神状態を表してるところがあるようにも思います。
(仕事でドタバタしていると、部屋もとっ散らかってますしね・・)
まぁだからって、最初に言ったような、毎日120%の家事は、
よほど「お料理や掃除が、好きなんですー」って言える人であればいいのですけど、
今まで多くのお施主さんと家造りをしていて、そんな方は、あまりいらっしゃらないです(笑)

「美味しいものを食べたい・家族に食べさせたいから、お料理します」
「キレイな部屋で過ごしていると気持ちがよいから、掃除します」

ていねいな家事作業をした結果が重要なのであって、
家事の作業そのものがスキな方って、そんなに多くないように思います。
(あくまで私的な感想ですけど)
だから、ワタシには、
日々の家事がちょっと楽しくなるような
雑貨とか日用品の存在も、
とっても大切で、
写真 2015-01-29 18 13 55
(雑貨屋さんで見つけた、レデッカーのブラシと、どっかの瓶。)
そういうハードの面での、「家事楽しく計画」も必要だし、


写真 2015-03-04 8 12 40

この本のように『「最低限(←ここ、重要!)の手間」で快適に暮らす』、っていう
ソフトの面での「家事ストレス解放計画」も、大事なんですよね。

そういう暮らしの延長線上に、住宅設計の仕事があるのだと、
ワタシは思っています(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です