そして、2年。

昨日のテレビ番組は、
被災した東北の今の様子や、当時を振り返るものが多かったですね。

直接的に被害を受けていないものにしてみれば、
そういうのをきっかけに、
「あの日を忘れない」
とか、
「いまこそ備えを」
みたいなことを高らかにいう人もいるけれど、

でも、大切なものを失った人にしてみれば、
なかには、2年前から時が止まったまま、という人も、いるだろう。

なんだか、そういうことを思うと、
本当は、ずっとずっと気になっていた、被災地の様子。
いつか、この目で見る必要があるんじゃないか、と思いながらも、
なんだか、どうしても、今の自分に受け止めきれるのだろうか、
とか、考えると、どうしても、踏み切れないで、居るんだよね。。。

ちょうど2年前、
あの地震があった最中に、進めていた現場がある。
白子のパン屋さん。
そちらのお施主さんのFBに、
当時勤めていらした会社でのパン作りのスタンスに失望し、
自分の信念を通すには、自分で作るしか無い、と決意された気持ちが書かれていた。

そうして出来た、パン屋さん。
そこを設計させてもらった、私。

そう思うと、
自分が今してること、してきたこと、
微力かもしれないけど、
何か出来ているような、そんな気が、しました。

毎日毎日仕事をしていると、
目の前のコトに、いっぱいいっぱいになってしまうけど、
ちょっと離れて、本当に自分がやりたかったこと、やるべきこと、
そして、自分がやっていることが他の人に、社会に、どうアウトプットできているか、
そういう意味も、しっかり、感じていかないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です