北欧建築一人旅(4日目。)

旅も4日目。
この日は、ユバスキュラ市からポリ市へ。
車窓から
車窓の風景。
ポリ駅舎
「ポリ」の駅。とっても小さな町。
なぜこんなところに来たかというと、あの!あの!「マイレア邸」を見るため!(☆゚∀゚)!
アアルトの最高傑作の一つといわれる、マイレア邸。
アアルトと親交のあった、会社経営者のクライアント。その人のための別荘です。
マイレア邸
うぉぉぉぉぉぉーーーーっ!!!( ̄‥ ̄)=3 ( ̄‥ ̄)=3 ( ̄‥ ̄)=3!!!
カラマツと白樺の木立の中を抜けると、ジャジャジャジャジャーンです!
こちらの別荘、今でもマイレアさんのご子息たちが使っているそう。
なので、中には、いろんな本がおかれてあったり、キッチンも、フツーに使われていたり。
世界中のアアルト・ファンのために、こうして見学できるようにしてくれているのです。
(そんなもんで、建物の中は撮影はダメなのです・・・残念。)
中も、とってもとっても、ステキ。
もう言葉で表せまへん。
窓から見える芝生の緑、プールの水辺、そのむこうには白樺の森。
マイレア邸・玄関 マイレア邸・外観1
マイレア邸・外観2 マイレア邸・外観3
マイレア邸・外観4 マイレア邸・外観5
玄関入って、リビングのところの窓辺におかれた、低い本棚。
その上には花が飾られ、アアルトの「GORDEN BELL」の照明。
くぅぅぅーーー!ニクイっす!
ポリ市からヘルシンキ市への途中、「ムーミン」で有名なタンペレ市によることに。
タンペレ
ヘルシンキ市より、ちょっと小さな町。
ムーミン博物館
こちらがムーミン博物館。つっても、市立図書館の一角に、ムーミン博物館があるのです。
「ムーミン」ぽくない、外観・・・。
こちら、アアルトと同じ時期に活躍した、ペティラ夫妻の設計です。
ムーミン博物館は、原画や物語のワンシーンの模型や、展示がとてもいっぱいあって、
意外とおもしろかったー。
ムーミンの家の模型もあって、なんと5階建て・木造っ!模型も、2m近くある、見応えあるもの。
地下の配電盤のところでは、ニョロニョロが発電?してたり。
ムーミンパパとムーミンママは、ジツは別室だったり。
地下にりっぱな木工室があったり。アハハ。
ピーテラ夫妻・教会
こちらもピエティラ夫妻・設計の「カレヴァ教会」。モダン、ですな。
と、そんなこんなでアアルト三昧ツアーは終了。
明日からは、ヘルシンキ市の散策です。ウキョキョ。
つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

祝・開通!

次の記事

読書の秋、ということで。