いい仕事、してマス。

ワタシの事ではないです(笑)
大阪の職業訓練校時代の同級生、
立派に家具職人として独立した方がいらっしゃいます。
先日会ったときに「お盆が欲しいんだよねぇ~」という話をしたら
家具ででた端材で小物も作ろうと思ってるから
試作品を送ってあげる。と言ってくれました。
で、届いたのが、コレ。
IMGP5615.jpg
すすすすごすぎでしょ(笑)
こんな立派なものが届くなんて 想定外です(☆゚∀゚)
IMGP5619.jpg
オーク(楢)とウォルナット(胡桃)でつくったもの。
樹そのものの色を生かした、とてもステキなデザイン。
そしてそして、いい仕事っぷりです。
IMGP5618.jpg
ほら~。
IMGP5617.jpg
ほらほら~。
IMGP5620.jpg
底には蟻桟で足がつけられています。これで無垢板特有の、木の暴れを防げます。
IMGP5614.jpg
ひとつひとつ、手仕事で作っていく木の家具や小物たちは
大量生産で作られるものと比べて 値がはるものになってしまいますが
手にしたときのぬくもり 丁寧に作られたもの特有の存在感は
ぷらいすれす でございます。
one fat works のホームページ → http://www.one-fat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

猫小物。

次の記事

次の現場は、パン屋さん。