建築士法大改正。

この11月28日に、建築士法(建築士さんの、法律。)が大改正になりまスタ。
構造偽装事件を受けての、法改正。
いろんな業界誌をみると・・・
『責任重くなれども 報酬増えず』
らしい。
(*´ -`)にょにょーんっ(´- `*)
ま、そだよな。
法改正で、建築士さんへの罰則も厳しくなったのはもちろん、
定期講習の義務化などの業務も増えました。
一方、この不景気。
もともと「建築士」の社会的地位が低い日本。
設計や図面といった知的財産といったものに対する報酬も、
まだまだ後進国だと、言われております。。。
一級建築士の資格は、この世界じゃ
「足の裏の 米粒。」
といわれますが(取ったところで 食べられない)
まさに 実感。
の日々でございますわよ。
ま、どの仕事でも そうだと思うんだけど。
自分の好きなことで 食っていこー と
思うのであれば
「足の裏についた 米粒
でも 食っちゃうもんね。
食べれるもんは 食べちゃうもんね。」
ぐらいの
ある種の タフさ と
楽天性(つか無神経さ?)
が必要なのかもなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です