山本図書館・開設計画・続編。

ワタシのためこんだ蔵書たちを
家造りを考えれおられる方にお貸しする、
「山本図書館計画」ですが。。。
法に触れることが わかりまスタッ(- -,)
助言は 浪人生時代、苦楽をともに過ごした友人。
(お国のエライ機関で 著作権のお仕事をしているお方。昔は机を並べていたのに・・・。)
法の解釈としては・・・
○著作物である本を、公衆(=不特定又は多数の者の意。)に貸与する行為については、著作権者が権利を
有しているので、これを著作権者以外の者が行おうとする場合は、著作権者の許諾が必要です。(著作権法第26条の3)
○山本図書館計画では、希望するお客さんなら誰でも(=不特定の者)に貸し出すことにしているので、
この貸与権が働く行為が行われることになります。
○ところで、非営利目的かつ貸出の対価として料金をもらわない場合は、例外的に、著作権者に無断で貸与ができますが(第38条第4項)、
山本図書館計画では、本の貸出が直接的又は間接的に山本建築事務所の営業上の利益に結びつくと思われますので、この例外規定は適用できません。
(以上友人からのメールより引用。)
つまり、よろしくない。ってこと。
心優しい友人は、「ほんなら、どないしたらえーねんっ!」と
逆ギレしそうなワタシのコトを見透かして 以下のようなアドバイスをくれました。
貸出はせず、事務所内閲覧のみにとどめる。
(閲覧のみだと著作権者の了解不要です。)
ということだそうです( ´∀`)
新しい事務所には、ミーティングテーブル的な
すこし大きめの机も出来る予定。
月曜-土曜は会社が営業しているのですが
日曜は比較的のんびりしてます。
ので、本をご覧になりたい方は
事務所に来て頂いて
金杉の森の木々を眺めながら
傍らに ニャンコ(たけにゃん、ですが・・)でも抱いて頂いて
本を のんびり読んでいただく
というスペースになれば、と思ってます。
金杉の図書スペース +にゃんこのおまけ付き
といったとこでしょうかね。ウフフ。
+++++++++++++++++++++++++
事務所が改装工事中のため、数日自宅待機のタケニャン。
R0019074.jpg
<つまんねーの。つまんねーの。>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

壁 破れたり!

次の記事

塗り塗~り。