屋外木部のメンテナンスのご相談に。

先日、5年前にお引き渡しした現場にメンテでお伺い。

お仕事の都合で数年 おうちを空けていらっしゃった間、こちらでカギをお預かりして、台風や大雨の後や、ご近所の方からお施主さんに連絡が行った際にお伺いしていました。

この春に、ご家族みんなで帰国され、ようやく生活が落ち着きました。とのことで、
築5年経って出てきたおうちの気になる部分と、お預かりしていたカギのご返却に、お伺いしました。

ご家族が住まれていない間のおうちは、なんだか寂しい雰囲気でしたが、生活が再開されたからか、いつものこのおうちの雰囲気に戻っていました。玄関脇に植えられたトネリコさんも、ずいぶん大きくなりました。
もちろん、お子さんたちも、しっかり大きくなっていました。でも、かわらずの楽しい面白い性格はそのまんま。作業を手伝ってくれる優しさと好奇心旺盛さは健在でした(笑)。屋外木部は、取り合いの部分などで雨水が溜まりがちの部分から腐食していました。とりあえずかなり傷んでる材は、撤去。

全体的に取り替える等々のいくつかの方法(コストと耐久性のバランスや、見た目的なこととかね。)のご相談と合わせて、
大きくなってきたお二人のお子さんたちの子供部屋をどう仕切ろうか、リビングでもみんなで本を読めるような収納が欲しいね、とか。
収納については、一時的なものかどうか(であれば、できれば安価な既成品などを上手く活用する方法もアリ。)、
お子さんたちが使わなくなった後も、例えば本棚を飾り棚のような使い方をしたいかどうか(であれば、元々ある家具と揃えて造作で製作するのが良さそう)とか。
『5年前の家造りのときほど色々決めていくわけじゃないけど、なんだか楽しいね!楽しみだね!』
なーんておっしゃってくれるなんて、なんだかウレシイなぁ(*´∀`)。

2016-06-09 | Posted in すべての記事, 現場No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA