夏の建築旅。

ちょっと早めの夏休み。軽井沢~野尻湖への旅。

まずは軽井沢の新名所(?)ハルニレテラスへ。

店舗数はそんなに多くないけれど、ゆったりとした空間配置や、
周辺の緑の環境のなかに馴染んだ空間。
川のせせらぎ近くにベンチがあったり、ゆっくりとリフレッシュできる場所。

そのハルニレテラス近くの、
石の教会

パンフレットでみた印象は、ワタシ的にはあまりいい印象ではなかったのだけど、

実際に見ると、思ったよりこじんまりとしたボリュームのせいか、無機質な材料といえども、
まわりの緑とのバランスがよいのか、
とてもしっとりとした、ステキな空間でした。
礼拝堂の中は、残念ながら撮影はNGだけど、見学はOK。
回遊式のバージンロードや、なかなか面白い空間。

一方、また違った印象の軽井沢高原教会。

こちらは、予想通り(?)の、温かい木の空間。
正面に、森の青々とした木々がみえる様子は、
フィンランドでみた、オタニエミ礼拝堂を思い出す。


※これはフィンランドのオタニエミ礼拝堂。

軽井沢を後に、野尻湖へ!
と、軽井沢に、建築家・坂倉準三設計の
旧飯箸邸が「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」というレストランとして
移築されてあるという情報をゲット。

完全予約制、貧乏設計者には高額なランチコース(笑)という、
敷居が高い感じだけど、
これは見たい!!!

前日、意を決して予約の電話をしたところ、
とても感じのよい方が対応してくださったので、
「もしかしたら、建物の写真とかも、撮らせてもらえるかも・・・(*´艸`*)」
という期待を胸に、いざ、ドメイヌ・ドゥ・ミクニへ!


こっちがエントランス側。

 

有名なのは、こちらのテラス側の外観ですね。

他にお客さんも居なかったので、
図々しくも、支配人の方に、
どーしてもこの建物を見たかった、そして素晴らしい建物でした、
いやいやもちろん、お料理もどれも素晴らしかったです、(←ホントです!)
もしもしよければ、写真とか、撮らせていただいても、、、、
と、お伝えしたところ、

快諾してくださり、
しかも、色々移築時の話など、たくさんお話をしてくださりました。

スタッフの方みなさん、この建物で仕事をできることを、
そしてこの建物を誇りに思ってる様子がヒシヒシと伝わってきて、
こうして、愛される建物をつくることこそ、設計者冥利に尽きるよなぁ、と、
改めて感じました。

 

そして、いよいよ野尻湖へ!

目指す野尻湖には、
清家清さんが設計された、旧野尻湖プリンスホテル、があります。

エントランス正面にみえる、野尻湖と青々とした木々。
スキップフロアのプランの客室。

レンガを多様した内装は、
すごくあたたかみがあって、
とってもステキな空間でした。

野尻湖には、


湖に浮かぶ島にある、宇迦神社っていうのがあったり、
ナウマン象が居たり(今は居ないけど・笑)。
観光地としての華やかさは、まぁあまりないのかもしれませんが、
なので、ゆったりとした雰囲気で、
リフレッシュするのには、とてもいい環境なんだろうーなー。

と、貧乏性のワタシは、
有名建築で過ごす=時刻の移り変わりで、表情を変えていく空間を見られる、
ということで、真夜中にも、ホテルのなかをウロウロしたり、等々、
興奮冷めやらぬ感じで、
ちっともリフレッシュできませんでしたが(T_T)

秋の紅葉の季節も、それはそれは素晴らしいとのことなので、
またその頃にも是非行ってみたい建物ばかりでした。

 

2013-08-02 | Posted in すべての記事, 旅・おでかけNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA