建物探訪2012・GW

一番のお目当ては、コチラ。
吹き抜け部分にある、2階への階段。
GWも終わりましたねー( ´∀`)

関東はお天気ビミョウだったのですが、晴れ間を狙って、
江戸東京たてもの園に行ってきまスタ( ´艸`)
前から行きたかったところ。
ただ、園内に、移築した建物がワンサカあるので、
これは体力と時間があるときでないと、行けない!ということで、
今回行ってきた次第でゴザイマス。

建築家・前川國男さんの、自邸でゴザイマス~~~~!!!


キターーーーー!!!(*゚∀゚)!!!
かっこよすぎ。萌えます。萌えます。萌えます。


建築雑誌でよくみるのは、こちら南側のテラス。

おうちの玄関は、反対側のコチラ。
大谷石でシンプルに配したこのアプローチ。
ウマすぎ。

 

リビングの吹き抜け。シンプルな格子、深い軒。もぅ素敵すぎ。

 

この階段、「すきな階段」トップ5に入ります。もぅもぅステキィィィー☆

こちら、トイレ。
全面黒モザイクタイル。モダンだわ。カッチョイィ。

前川國男さんは、近代建築の代表の一人、ル・コルビュジエに師事しました。
コルビュジェは、建築の機能としての美しさを追求しました。
前川さんの自邸は、装飾的な部分はないけれど、
機能を追求したゆえに、美しさが付いてきた、そんな感じがしました。
これぞ、「機能美」なのでしょうなーーー( ´∀`)

++++++
と、こちらの江戸東京たてもの園。
他にもたくさん建物がゴザイマス。

こちら、建築家・堀内捨巳の「小川邸」。

この住宅、アプローチがたまらなく、イイッ!!!
前川邸とは違って、どちらかというと装飾的なんだけど、
なんかホッとするような、温かみのある雰囲気。
タイルの割付方とかも、もぅ。ずるいわぁ。ステキすぎ。

こちら、キッチンとダイニングの間仕切り家具。
給仕しやすいように、扉付きのカウンター。
これ、アアルトの自邸でも、こんな仕掛けがありましたな。

+++++

 

近代建築だけじゃなく、こんな茅葺きの建物も、たくさんありました。
雨樋をつけるかわりに、雨落とし部分に砂利敷。
こういうの、好きやわぁ。

茅葺きの建物、基本的に室内は畳・畳・畳。
襖・障子で間仕切って、行事ごとがあると、それとっぱらって、
大きな部屋にしたのですね。
この大らかな作りも、素敵です~~~

・・・・と、こんな感じで、終始大興奮で巡るもんだから、
見終わったあとは、グッタリですよ(- -,)アハハ・・・。

GWも終わり、さてさて、お仕事お仕事( ´∀`)

2012-05-08 | Posted in すべての記事, 旅・おでかけNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA