北欧建築一人旅。(3日目)

おおおー。ブログの更新が遅れております、忘れないうちに、書き留めておかないと(笑)
さて、北欧の旅3日目。
ヘルシンキより新幹線で2時間ほど、ユバスキュラ市へ。
ユバスキュラは、アアルトが生涯にわたって活躍した場所でもあります。
初期のころから、晩年のころまで、たくさんの作品があるのですっ!
ユバスキュラ大学
スタートは、この「ユバスキュラ大学」。
アアルトは、ヘルシンキ工科大学の設計ののち、このユバスキュラ大学の設計をしました。
ユバスキュラ大学・ホール扉
正面ホールの扉。
とっても凝ったデザイン。
ユバスキュラ大学・ホール2
正面ホールも、周りの森の緑が、もうまぶしい~~~
ユバスキュラ大学・ホール ユバスキュラ大学・ホール3
ユバスキュラ大学・ホール階段 ユバスキュラ大学・体育学部
ユバスキュラ大学・講堂階段
それにしても、アアルトは、階段が、スゴイ。ステキ。上手。
ただただ恐れ入りましたっ。って思うだけ。
こっくりした温かい雰囲気もあり、シャープで凛とした雰囲気もあり。
もうもうすごすぎ。
ユバスキュラ大学
講義ホールのうらがわです。
ほんとは、「野外演説会場」みたいにして、ここにみんな集まって、意見を戦わそう!
なんて思って、アアルトはこんな空間をいろんなところに作っているのですが・・・
フィンランドの人は、基本・内気。なので、設計者の意図どおりには、使われていないみたい。
巨匠でも、国民性まではかえられませんからねー。
ムーラメの教会
さて場所はかわって、こちらは「ムーラメの教会」。
アアルトが20代の若いころに、設計コンペで勝ち取った作品。
ムーラメの教会
「古典主義とは?!」みたいに、ケンチクを生真面目に考えていた頃らしい。
フフフ。
ムーラメの教会内部
でも、正面のこの絵。
ガイドの方に、「一番上の風景は、聖書のなにかを表現しているのですか?」と尋ねたら、
「いいえ。彼(アアルト)が新婚旅行でいった、イタリアの風景、らしいです。」
・・・・。めっちゃ、私的なことやん・・・。そんなん、アリなんや・・・。
ある建築家の方が、「建築家になるために必要な要素とは、いい意味での『楽天性』と『無計画性』」と答えておりました。
なーるほど、ね。
コエタロ
場所はかわり、じゃじゃじゃーん!
こちらは「コエ・タロ」。アアルトを代表する作品の一つ。
コエとは、「実験」を意味します。こちらは、アアルトの「実験住宅」。
と、名はついているものの、実験的要素は、
コエタロ・レンガ
こんな感じでレンガを色々ならべてみたり。
コエタロ・リビング
こんな感じで、ロフトの床を吊ってみたり。
そんな感じ。
ここは、アアルトが晩年、妻に先立たれ、その3年後にワカイ後妻さんをむかえました。
その時に建てたもの。夏の、サマーコテージとして建てたんですって。
彼はコエタロが完成すると、ボートの設計にいそしみます。(図面はものスゴイ量。)
湖のそばには、ボートの船着き場、そしてサウナ小屋。
ムギョムギョ働きとおした人生の最後を楽しむための、娯楽住宅。
コエタロ・道具置き場 コエタロ
マジメにアアルトの研究をしている人からは、このコエタロ、とても「期待を裏切る」らしい・・・。
あの、アアルトの!実験住宅なのに!!!みたいな。
でもねー。彼だって、巨匠である前に、人間なんだよー。のんびり、楽しく仕事したって、
いいじゃーんっ!
・・・、と言っているかのような、とてもユルイ、すてきな空気がただよう家でした。
さて次は、「セイナッァロの村役場」です。
ちいさな町の役場です。
セイナッァロの村役場 セイナッァロの村役場
あまり期待していなかったのですが、
すばらしい。
とても、すばらしい。
空は暗くなって、雨は降ってくるし、きっと条件は最悪だったろーに。
よく見るケンチク雑誌なんかの写真は、ピカーンと晴れた空に、光がキラキラ差すような天気。
そんなのとは正反対の状態。
でもでもでも、スバラシイキラキラ
うーむ。こうして写真を見返したら、写真だけだとあんまし。な感じなんだけど。
実物は、もももももう、鳥肌モノ。でした。
レンガの色、芝生の緑、窓枠の木の色、その窓辺の照明。
こっくりとした、その濃密な空気。
時間を重ねたせい?
「巨匠」と呼ばれた建築家の、ものすごく脂ののった時期に、とても丁寧に設計されたせい?
カタチやテクスチャー美しさ、そんなもんじゃない、美しさが、そこにはありました。
本日のシメは、アアルト美術館。
これはアアルト晩年の作品で、「自分の美術館を、自分で設計」したもの。
アアルト美術館
フィンランティアホールと同様に、やっぱり「薄味」な雰囲気。ウフフ。
アアルト美術館・扉
でも、この扉。真鍮製。
お馴染みの、「アアルトの取っ手」も。
この重厚さが、いいですね~~~~ん☆
この日はここで終了。
フィンランド・ユバスキュラの長い一日は終わりました。
さて!次の日は!
アアルトの、あの、最高傑作といわれる!
世界で一番美しい住宅の一つ、といわれる!!
マイレア邸ですっ!
追記:と、連日こんな調子なもんで、この日も興奮して、なかなか眠れなかったのよーん。
(つづく。)

2008-10-02 | Posted in すべての記事, 旅・おでかけNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA