はじめまして

ひだまり設計工房は「木の住まい造り」を中心に設計・製作をしている、小さな設計施工会社です。

家が出来てからはもちろんのこと、どんな家を造っていくか、その先に見える暮らしに、
楽しくワクワクする貴重なひと時を、住まい手とともに共有できる家造りを目指しています。

木のぬくもりにあふれた、暮らしに寄り添った居心地良い空間となるように、
また住まい手にとって世界で一番のお気に入りの空間を造りたいと思っています。

 

「いい家」は十人十色

一言に「いい家」といっても、住まう人それぞれの価値観によって、その答えは十人十色です。
家造りには、工法・材料・インテリア、、、数々の要素があります。
どの工法も、材料も、完璧なものはありません。すべて良い所と良くない所があります。
それをどう捉えるかは、一人ひとりの考え次第だと思います。
様々なことを吟味しなら、住まい手にとって、一番の「いい家」の答えを探していきたいと思います。
“どんな暮らしがいいか、おうちでどう過ごしているときが楽しいか”そんなことを考えながら、
心地よい暮らしができるような家造りをしたいと思います。

そのために、私たちは打合せや設計に、しっかりと時間と労力を費やします。
出来上がった「商品」を「いくらで」売る、という商売であれば、そのような必要はないかもしれません。
けれども、家を建てる。リフォームする。金額で言えば、かなり大きなお金が動くこと。
きっと、一生で一番の、そして、もしかしたら最初で最後の、大きな買い物となるのです。
ウィンドウショッピングしていて、思わず買ってしまった服。
家に帰ってみて、ちょっとサイズが小さかったな、きれいな色だと思ったけど自分には何か似合わないな、実際に着たらシルエットが思ってた感じと違うな、そういってタンスの肥やしになってしまったり、それほど着ずに処分したり。
でも、家は、そういうわけにいかない。

広い家がいいと思ったけど、掃除は大変だし、空間を持て余してしまっているな・・。
少しでも安く、と思って、量産品のキッチンにしたけれど、毎日台所に立つのが楽しくない・・。
だからといって、簡単に「建て替えます」「住み替えます」「新築だけど、気に入らないからリフォームします」というわけには、普通は、できません。

広い家がダメなわけでも、量産品のキッチンがダメなわけでも、ありません。
ダメなのは、住まい手の暮らし・価値観に、合っていない家をつくってしまったこと。
一つ一つの打合せ、さらには、仕事や趣味の話、週末出かけたお店の話など、お話を重ねるなかで、住まい手の暮らしや価値観を、読みほどいていきながら、家造りをしたいと思っています。

 生活の「器」であり、暮らしを楽しむ「器」

「家」というのは、日々の生活をこなす場でもあり、それを楽しむ場でもあると思います。
料理や洗濯、掃除といった家事をストレスなくこなせることも大事ですし、
穏やかな光が部屋に注ぐ景色に春の訪れを感じたり、
午後のひとときに食器棚からお気に入りのマグカップを取り出して、珈琲を入れてゆったりする、
といった、何気ない時間と空間を楽しめるような場所でありたいと思います。

どんなものでも、新しいうちはピカピカしていてキレイで気持ちがよいものですが、
日々の生活なかで、どうしても汚れやキズはついていきます。
そのような変化を「経年美」や「味わい」となるような、日々の生活をおおらかに受け止めてくれる空間を造りたいと思っています。

 

大切なコストコントロール

マイホーム造りが現実のコトとなると、目にするモノすべてがステキにうつります。
新しいキッチン設備、色とりどりのインテリア小物。造り付けの家具。
あれもこれも、と夢と希望が膨らむと同時に、見積もり金額もどんどん増えていくのが現実です。

限りある予算のなかで、かけるべきところにかけて、そうでないところには、必要最低限とする。
「家」をつくるひとつひとつが、それが本当に住まう人にとって必要なものなのか、価値のあるものなのか。
お話を重ねるなかで、住まい手にとって何が優先なのか、一つ一つ答えを出していく作業を一緒にしていきます。
メリハリのある予算配分をしてこそ、住まう人にとっての「いい家」ができるのだと思います。

ご自身の予算を、住まい手も納得した上で適材適所に配分していくことで、いい家造りができると思います。

 

 長く住むための安心

建築というものは、日々の生活だけでなく、その人の財産や命を守るための空間でもあります。
そのためには、建物の構造としての安全性が必要と考えています。

一般的な木造戸建て住宅(※)は、構造計算書や構造の検討書類について、行政機関への提出は不要です。
この「不要」という法的処置が故、「提出不要」=「検討不要」と扱われている住宅が少なくありません。
当設計事務所では、意匠設計と同時に構造設計も同時に行い、設計図書に加えて、構造計算書も作成をいたします。
(※構造設計一級建築士による計算書が必要な場合や、行政機関への提出が必要な場合には、設計費とは別の費用が必要となります。)
論理的な考えに基づいた構造計算で計画を検討した上で、
要望に応じて、耐震・制振・免震といった計画を予算に合わせてご提案いたします。